ネットコンテンツ・ITサービスのストレン

2016年は1ドル93円の超円高!?

time 2015/11/30


驚愕のレポート

1年後は今の状況とは全くかけ離れた経済環境になるという予測記事が出されました。リーマン級のショックがあれば・・という前提ではありますが、世界中で何が起こるかわからない昨今、可能性の一つとして考慮してもという視点からご紹介します。

スポンサーリンク



日銀が10月23日に発表した「金融システムレポート」。その中で、リーマン・ショック級が発生したと想定すると、為替1ドル=93円の円高、株価2016年9月末までに55%下落・・とあり、一部で話題となっています。

世界一の投資家も警告!波乱の2016年、日本経済はこう激変する 米中独はリスクだらけ!Yahoo!ニュース

もしこれが現実となれば、輸出企業は大打撃、ようやく国内に戻り始めた製造拠点も海外へ逆戻り。それどころか記事によると海外株価、国内不動産などほぼすべての経済分野で下落し、比較的安全と言われる円が急騰、極めて大きな混乱が予想されます。

過去の延長で考えないこと

まず直近で考えられるきっかけは12月にも行われる可能性が高いアメリカの利上げ。金融緩和で資金があふれている米国市場ではサブプライムローンも大量にあり、利上げでこのバブルが一挙に吹っ飛ぶ可能性もあります。
世界で唯一、景気をけん引している米国がこのような状況になると、世界の先進国や発展途上国への影響は甚大、世界不況へ向けてつき進むだろうという予見を元に世界でも著名な投資家、ジム・ロジャース氏は日本株、米国株をすべて売却したとのこと。
しかも中国の株価暴落、ロシア・トルコの問題、ヨーロッパの移民問題、自動車の不正疑惑など世界のリスク要因には枚挙にいとまがありません。
まさに世界的な経済危機はいつ起きてもおかしくない状況です。

もちろんレポートと予測記事は最悪のケースと考えられるものですので、この通りになることはないかもしれませんが、逆に絶対ならないと断言できる人もいない、可能性はゼロではないということです。

世界的な経済危機は1個人の領域をはるかに超えた事柄で、もし現実になった場合は避けることは不可能です。
しかし2015年という現在を生きる私たちにとって、今まで安心安全だったからこれから何も起きないという「過去の延長で物事を考え行動する」ことから卒業する時期に来た、今まで通りではないのだからこれからの生活・人生をどうするか、自分のしたかったことを自分は今しているのか、これからどう進むべきかをじっくり考えて実行することはできるはずです。
2016年は自分の足で立って行動する年にしたいものです。

何もしなくてもリスクのある時代。情報は判断の源です。

スポンサーリンク

 

ストレンサービスまとめ