ネットコンテンツ・ITサービスのストレン

ガラケー・ガラホと格安データ通信2台持ちがトレンド?

time 2015/07/27


通信費高過ぎやしませんか?

自宅やオフィスにWi-Fi環境が整備されてくると、スマートフォンのパケット定額がダブってしまって必要ない!あるいは気付かずにそのままで・・という方も多いのではないでしょうか。通信料金のコストダウンの方法、最新トレンドの2台持ちについて。

スポンサーリンク



ガラケー・ガラホと格安データ通信2台持ちがトレンド?

わっ、通信料金高っ!

(わっ、通信料金高っ!)

定額制のWi-Fiや光回線のWi-Fi利用の普及拡大で、これからスマートフォンのパケット定額利用が減る時代がくるかも・・というお話です。

ちょっと前までは、多めのパケット容量定額制に入らなければ莫大な請求が来る・・と思って契約したのに、今はWi-Fiばかり使って、スマホのパケット定額は繰越の連続。しかもスマホのパケット容量を減らすなど契約見直しをしたくても、特にdocomoは途中でのパケット容量減量という変更すらできない。ちょっと困ったものです。

そこで思い切って通信費削減のため、電話と携帯メールはガラケー・ガラホデータ通信は格安SIMという2台持ちを選択する方が増えています。今回はガラケー・ガラホ、データ通信について調べてみました。

なお携帯メールは、SNSなどで個人認証として活用されていることもあり、携帯メールが使えないサービス(格安データ通信と携帯一体型プラン)・コースは除外しています。

ガラケー・ガラホプランはauにメリットあり

docomoとソフトバンク、そしてauとは、ガラケー・ガラホ戦略の違いが明確です。
docomoはガラケーについては、新規契約の場合かけ放題を中心とした全体的に価格を押し上げているプランーカケホーダイプラン(ケータイ)基本使用料2,200円(税抜)であり、新規でガラケーに切り替えても以前のように、1000円台での契約をすることは難しくなっています。
ソフトバンクは月額934円のホワイトプランがありますが、他社ケータイ向け無料通話がないため現実的にはWホワイト+パケットを契約しなければならず、最低金額が2000円オーバーになります。

一方auは、ガラケーで1000円台後半の通話・携帯メールを使えるプランがあり、あまり通話をしない方は最大25分の通話料金込みのプランが選べます。

au シンプルコース用料金プラン
プランSSシンプル 月額基本使用料 「誰でも割」適用時 934円 無料通話 1,000円分〈最大25分〉

そしてガラホについては、docomoのガラホはWi-Fiが使えず、ガラホとしてのメリットを感じにくいのですがauはWi-Fi利用可で、携帯電話でも大量のメールをやり取りする、画像データが多い方など比較的多めのデータ通信をしたい方には、ガラホという選択肢もありです。

2台持ちでガラケー・ガラホに新規移行を考えている場合は、コストを落とすという点で見たときにはガラケー・ガラホいずれもauに軍配が上がります

なお今ご契約のキャリアからMNPで移行するなどキャッシュバックや解約手数料の有無、スマートフォンの下取り価格、日々の通話量の多い少ないでカケホーダイがメリットがある場合など、様々な要因がありますので、トータルしてより得をするキャリアやコース選択をしてください。

スポンサーリンク

話題の格安データ定額通信は?

今やメディアに引っ張りだこのマツコ・デラックスさんをイメージキャラクターとしたOCN モバイル ONE。

OCN モバイル ONE SIMカードシェアNo.1。「OCN モバイル ONE」は、月額900円(972円)から受信時最大150MbpsのLTE高速通信サービスがご利用できるサービス。高速通信の「Xi」(クロッシィ)と広くて繋がりやすいFOMAの両エリアに対応し、都市部でも郊外でも快適に安心して利用できる。(OCN モバイル ONEサイトより抜粋) 

スマートフォン利用者の月平均通信料は3.53GB/1日当たり110MB(1か月換算約3.3GB)というデータ※もあり、平均的なユーザーは1日のデータ容量110MBで月額900円コースで始めてみて、契約は途中変更も可能なので容量アップするという手もありです。(※株式会社MM総研 「スマートフォン契約数および端末別の月額利用料金・通信量」)

これだけでも3キャリアのスマートフォンパケット容量金額から大幅なコストカットが期待できますね。

料金減額以外にもOCN モバイル ONEのメリットは下記の通り
1:月1回コース変更できる
2:通信容量が繰り越せる(前日または前月のあまった通信容量)
3:SIMロックフリー端末ならお好きな端末で使える
4:2年縛りも解約手数料もかからない

料金表などより詳しくはこちら ↓↓↓
月額972円(税込)からLTE高速通信が使える「OCN モバイル ONE」登場
お好きな端末で格安データ通信を始めましょう

まとめ

新しい格安サービスに移行するには、現在の携帯キャリアとの解約が必要になります。特に2年縛りでスマホ端末を分割で支払っている場合は、残りの期間支払いが続きますので、現契約と検討中の契約内容をよく見直して、トータルしても損が出ないならば・・と割り切って進めるのもいいですね。

1か月あたりの支払いメリットが小さくても、年間にすればかなりの額になりますから、浮いた料金を仕事やプライベートで活用してみてはいかがでしょう。

ストレンサービスまとめ