ネットコンテンツ・ITサービスのストレン

年収減少時代到来、その対策は?

time 2015/07/09


予想以上に早く進む家計の縮小

日経新聞から縮む家計 それでも膨らむ出費はというデータ&記事が2015年6月14日に公開されており、その中で驚くべきデータが明らかになっています。なんと12年間で年収10%減(69万)!はたしてその対策は?

スポンサーリンク



総務省によりますと、全国で2人以上世帯について調べたところ、その平均年収が2002年から2014年の12年間で10%減っています。そしてこのことに関連して消費支出も5%減少しています。(家計調査)

縮む家計、減るお小遣い、その対策は?

詳しくは、こちらのサイトで分かりやすく説明されていますのでご覧ください。

年収が10%(69万円)減る一方で交通通信費、特に携帯・スマホなどの「移動電話通信料金」が87%(約5万円)増加、また「自動車等維持費」も20%増えており、そのしわ寄せとして「ファッション」にかける消費が29%(3万3千円)減、そして長期的に負担がかかる「生命保険」の見直しも進み、17%(76万円)減となっております。

その対策はまず第一に支出を減らし、そして収入を増やすこと。
携帯・スマホなどの通信費は、携帯キャリアの競争で料金を下げやすくなってきており、たとえば家族割の適用や格安SIMカードへの変更などで月額料金を下げることが可能です。また自動車はカーシェアを使う、そして特に金額の大きい生命保険は複数社を検討して自分や家族に合う保険に変更するなど、見直すべきところは見直して毎月の「支出」をまずは押さえましょう。

さびしい財布の中、お小遣いを増やすには

賢い収入の増やし方とは?

そして次に収入を増やすことですが、サラリーマンやビジネスマンは副業禁止や時間制限もあり、追加で収入を増やす手段は限られています。そこで近年、ポイントサイトが急速に発展しており、広告ユーザーにポイントを提供することで広告を見てもらい、さらに必要な商品・サービスは購入してもらうというものです。もちろん、不要なサービスは購入する義務はありません。

このポイントサイトを空き時間に利用することで、月額数千円から数万円の収入を現金や電子マネーなどで得ることもできますし、さらにポイントサイトによっては家族登録OKのサービスも多くありますので、何人かで活用することでこの金額を増やすことも可能です。

そして最も気になる安全性ですが、ポイントサイトはポイントという実質的な「お金」を扱い信用が大切ですので、運営が上場企業というケースが多くあります。この年収減少時代に一度挑戦してみるのも、収入を増やすための有効な方策の一つになります。

スポンサーリンク

2017年はヨーロッパのギリシャ危機・ユーロ脱退問題中国の株バブル崩壊の可能性など、日本の景気に直結する経済的要因に注目が集まっています。まさかに備えて収入の口を複数作っておくことは、いざという時に役に立つといえそうです。

ストレンサービスまとめ